よくあるご質問

2010.07.01更新

「過払い金」とは、払い過ぎた利息のことです。
これまでのご返済の中で、払い過ぎてきたお金のことです。

高金利(例 25%?29.2%)でのご返済を続けていると、現在のお借入金額を超えて、利息分を払い過ぎている場合があります。この払い過ぎたお金を「過払い金」と言います。

「過払い金」の金額は、引き直し計算を行わないと分かりませんが、
『すでに完済なさった方』や、『高金利で、約7年から8年間のお取引きがある方(現在、お取引き中であっても)』は、「過払い金」が発生している可能性は高いと言えます。

なお、今現在、お借入れが残っている方でも、「過払い金」の計算は可能です。

投稿者: ナチュラル司法書士事務所

司法書士 小西隆弘のブログよくあるご質問相談事例
TEL:0120-228-677 面談予約