よくあるご質問

2010.04.30更新


一定の条件を満たしていれば、住宅ローンと他のお借入れを区別することができます。その結果、住宅ローンを支払い続けることにより、マイホームを維持した まま手続きを行うことができます。

投稿者: ナチュラル司法書士事務所

2010.04.29更新


返済額を大幅に減額することができます。

借入の一部(5分の4)を免除してもらうことができますので、残額(原則5分の1又は100万円)を原則として3 年間で支払っていくことになります。

裁判上の手続きになりますので、時間が掛かるという点でも大きく異なります。

投稿者: ナチュラル司法書士事務所

2010.04.27更新


自己破産と異なり、すべての返済義務がなくなるわけでありません。

原則、総債務の5分の1又は100万円を3 年間で支払っていくことになります。

ただ一方で、自己破産とは違い、資格・職業の制限がありません。
また、借入原因を問いませんので浪費・ ギャンブルなどで多額の借金をしてしまった方でも利用が可能となります。

投稿者: ナチュラル司法書士事務所

司法書士 小西隆弘のブログよくあるご質問相談事例
TEL:0120-228-677 面談予約