よくあるご質問

2010.05.29更新


債務整理とは、

①任意整理
②個人民事再生
③自己破産
④民事調停

4つの手続きの総称です。

今後の返済が厳しくなってしまいそうな方やすでに困難に なってしまった方が、
法律の力によって、生活を立て直すための手続きです。

投稿者: ナチュラル司法書士事務所

2010.05.28更新


現在の「お借入れ状況」と「収入」のバランスを考えながら、
ご自身に相応しい手続きを選択する必要があります。

ですので、まずは「お借入れ状況」を把握することが先決です。

その上で、今後の収入、今後の生活状況を考慮しながら、決めていくことになりますが、
ご相談頂ければ、あなたにとって、一番相応しいお手続きをご提案させて頂きますので、
どうぞご安心下さい。

投稿者: ナチュラル司法書士事務所

2010.05.28更新


完済(最終取引)後、10年経過するまでは請求できます。
それを過ぎると、時効により消滅してしまいます。

当事務所のご依頼者の方でも、その時効により、
数十万円の過払い金の回収を諦めざるをえなかった方がいらっしゃいました。

「あと数週間早かったら・・・。」
そうならないためにも、お早目のお手続きをお勧めいたします。

投稿者: ナチュラル司法書士事務所

2010.05.28更新


ご依頼して頂ければ、当事務所より、業者に対して、
過去の取引の履歴を請求いたしますので、ご安心下さい。

ですので、お手元に契約書やカードがなくても大丈夫です。

正直なところ、すでに完済なさった方で、
お手元に契約書やカード等の資料をお持ちの方は、滅多にいらっしゃいません・・・。

投稿者: ナチュラル司法書士事務所

2010.05.28更新


銀行のカードローンは、利息制限法所定の利率の範囲内ですので、
例え、過去に完済していたとしても、過払い金は発生していません。

また、ショッピング(立替金)利用分につい ては、
利息制限法の適用がありませんので、同じく、過払い金は発生しないことになります。

投稿者: ナチュラル司法書士事務所

2010.05.28更新


『ブラックリスト』とは、民間の信用情報機関のデータベースに載っている信用情報、事故情報のデータの俗称です。

支払いが3ケ月程度遅れた場合や、債務整理(任意整理・自己破産) などが事故情報として登録されます。
その結果、各業者の与信審査に通りにくくなりますので、新たなクレジットカードを作ることやローンやクレジットを組むことは非常に困難になります。

なお、「任意整理のデメリットは何ですか?」でも記載したとおり、
この度、金融庁の指導により、平成22年4月19日以降については、
「手続きの結果、過払い金が発生した場合」については、
これまで登録されていた事故情報が登録されない、又は削除されることになりました。

ですので、高金利で長期間のお取引がある方の場合は、
任意整理を行っても、事故情報として残る可能性は、非常に低いことになります。

投稿者: ナチュラル司法書士事務所

2010.05.27更新

数年前生では、裁判をしなくても過払い金を返還してくれる業者はたくさんありました。
しかし、現在においては、各業者の業績悪化により、すんなりと返還してくれるケースはほとんどありません。

「過払い金」はあなたの大切なお金です。

私自身は、裁判を起こしてでも、満足のいく結果をお求めるべきだと考えております。

もちろん、お決めるのはご依頼者さん自身です。
ご依頼者さんのご意向に沿った形でご対応させて頂きます。

ただ、業者の中には、裁判を起こすことで、比較的すんなり対応してくれるケースも少なくはありませんので、『裁判にかかる時間』、『裁判費用との費用対効果』を考えながら、ご提案させて頂きます。
どうぞご安心下さい。

投稿者: ナチュラル司法書士事務所

2010.05.26更新


任意整理では、ある特定の業者だけを選んで手続きをすることが出来ます。
例えば、A社、B社、C社からのお借入れがある場合に、A社とB社のみを手続きし、C社は手続きしないということが可能です。
これには、「低金利の銀行ローン」や「自動車ローン」を除くことによって、口座の凍結を防いだり、車を維持することが出来るという大きなメリットがあります。
現在ご使用のクレジットカードを一枚(1社)残すことも可能です。

ただし、任意整理を行う目的は、あくまで「生活の再建」です。

「現金生活では、不安だから・・・・。」
「買い物用に、クレジットカードも一枚くらいは持っていたいから・・・。」
と言った理由では、残念ながら、根本的な解決にならないことが多いように思います。

手続きに、ご不安は避けられないと思います。
ただ、今後の生活の再建を一番に考えながら、判断していく必要があるのではないでしょうか?

投稿者: ナチュラル司法書士事務所

2010.05.25更新


原則的には、3年(36回)から5年(60回)をかけてご返済をしていくことになります。
ただし、業者によっては、6年(72回)以上の長期の分割を認めてくれる場合もありますので、
月々の返済額を考えながら、和解の交渉を進めていく必要があります。

投稿者: ナチュラル司法書士事務所

司法書士 小西隆弘のブログよくあるご質問相談事例
TEL:0120-228-677 面談予約