事務所ブログ

2011.08.28更新

先日、富士山のブログを書いたところ…


ある友人より、連絡がありました。




「あんさぁ…。


この前のブログ読んで、連絡してみたんだけどさぁ」


「おぉぉ~!!ど~したの?」
 



「いや、実はさ、


来週の末、会社の人達と一緒に、


富士山に登ることになっちゃってさぁ…」



「ほぇ~!?


そりゃぁ良かったじゃん!?


あっ、でも、かなり嫌そ~ね…?」




「うん。ホントっ、嫌なんだわ…」

 

「でも、お付き合いだから、行かんとね…??」




「そう…。断れん…(苦笑)


なぁ、何が一番辛かった?」



「まぁ、登るにつれて酸素が薄くなっていくのは感じたし、


寒さとか雨とか疲れとか…。


まぁ、辛いことは色々とあったけど(笑)」




「やっぱそうだよなぁ…」



「途中、山小屋には泊まる?」




「山小屋?


うん。その予定みたいだけど」



「実は、山小屋も辛かったよ…(笑)」




「はっ?山小屋がぁぁ??


何でぇ??」



「まぁ、それは、行ってのお楽しみ(笑)


ただ、辛いことばかりじゃないと思うよ。


辛いなら辛いで、それがいい経験になると思うし。


なんたって、相手は、日本一の富士山じゃしね(笑)」




と聞かされても、もちろん納得はしていませんでしたが…。




その友人、仮病とかで逃避していなければ、


ちょうど今頃、登っているはずです(笑)



東京では、先程、かなりの量の雨が降りました。



大丈夫かなぁ…。


雨に降られると、ホント、辛いんだよなぁ…。




そして…


“驚きのあまり、笑えてしまう、辛~い山小屋”…。



「何がそんなに辛いのか…??」








ボクらが泊まった山小屋の画像です…。



残念ながら、ボクは、この状況で爆睡できるほど、


タフボーイではありません…(笑)



いやぁ~、過酷でした…。





でも、なんだか凄すぎて、笑えません??(笑)



筆不精 司法書士による債務整理ブログです。-富士山の山小屋にて

投稿者: ナチュラル司法書士事務所

2011.08.16更新


お盆ですね。



お休みの方が多いせいか、


うちの事務所がある商店街も、


人の行き来がゆったりしているような気がします。



お陰で、ボク自身も、少しだけゆるやかな時間の流れの中で、


仕事ができているような気がしていまして…。


ありがたや、ありがたや…。




さてさて、今日は久々の久々、


富士山のことについて書いてみたいと思います(笑)




そう、実は先日のこと、


今年のお盆のスケジュールを確認していたところ、


去年のお盆には、ちょうど富士山に登っていたことを思い出したんです。



そう、母親と弟(三男坊)達とで…。



しかも…、


考えると、3年前の富士登山も、ちょうどお盆の時期でした…。



まぁ、はるばる広島から、富士山に会いに来るわけですから、


どうしても、お休みの調整がつきやすい時期になるんです。



一緒に連れられて行く?ボクとしても、その方が、


ありがたや…(笑)




ということもあり、「お盆といえば、富士山!!」


少なくとも、広島組の母親と三男坊はそんなイメージのはず??(笑)






で、そう、その続き…。



ただ、前回までのあらすじを書いちゃうと、


それだけで、またいつもの長文になってしまいますので…(笑)


http://ameblo.jp/office-konishi/entry-10672622579.html



…早いもので、


前回は、山小屋まで行ってましたぁ~!!


(全然、早くない…(笑))




その山小屋では散々な思いをしましたが、


それこそ、母親の名言のとおり?


「文句言うても、しょうがないけぇねぇ~」



ただ、熟睡できていれば別なんでしょうが、


休んだことによって、逆に下がってしまったモチベーション。



しかも、真っ暗。


なのに、大混雑。



なんなんだ、この状況は…。




さて、ここまで、ボクは、


上はポロシャツ、下は短パンで登ってきました。


短パンの下には、スパッツをインナーとして履いていましたが、


夜になり、気温が下がったせいなのか、


モチベーションが下がってしまったせいなのか…、


山小屋を出ると、急激な寒さを感じました。


さすがは海抜約3000m(約7合目半)です。



ボクは、とりあえず、ウィンドブレーカーを着ました。


顔色の冴えない三男坊は、すでにフリースを着こんでます。



そして、母、弟、ボクの、それぞれの頭には新品のヘッドライト~!!


そう、真夜中のスタート、ここからが本番です!!





と、ガイドさんの集合の声が!!



「は~い!!


みなさんいいですかぁ~!!



眠れた方も、あんまり眠れなかった方も、


いらっしゃると思いますが、これから山頂を目指します。



もちろん休憩を取りながら登って行きますが、


“ご来光”の時間にも合わせないといけません。



あと、ここから一気に空気が薄くなっていきますので、


絶対に無理はしないでくださいね!!



無理だと思ったら、勇気をもって下山してください。


無理すると、どんどん苦しくなりますから!!




ここまで来て、“下山”って…。


その言葉にビビって、顔を見合わせるボク達…。



すでに「寒い、寒い」と繰り返す、真っ青顔の三男坊…。



そして、その横には、


どこか、あっけらかんとした様子の母親…(苦笑)



ボク


「大丈夫?」



母親


「何が?」




(いやいや…。「何が??」って…。


この人、意外と肝が据わっとるなぁ…。)




ただ、体力勝負の未知の世界、


やはりナメてはいけません。



再出発から約1時間…。


母親の様子が明らかに変化してきました…。




いまだ“山頂”は見えないというのに…。

投稿者: ナチュラル司法書士事務所

司法書士 小西隆弘のブログよくあるご質問相談事例
TEL:0120-228-677 面談予約