事務所ブログ

2011.05.03更新

こんにちは。


みなさん、お元気ですか?



待ちに待ったゴールデンウィークですね(笑)


ボクも、首を長~くして待ってました。




ただ、最近では、身近な人からは、


「連休中、どっか行くの?」とは聞かれず、


「ど~せ、事務所に居るんでしょう?」って…。



大正解(笑)




そのことは、ご依頼者の方もよくご存知のようでして、


土日や祝日に関わらず、ご連絡を頂きます。




本日も午前中に、


あるご依頼者さんから電話が掛かってきました。


「すみません。


私の裁判っていつでしたっけ?」って(笑)




郵便屋さんからも、


「ゴールデンウィークもお仕事なんですねぇ~」


って、やさしく言って頂きましたので、



「お互い様じゃないですか(笑)


お互い頑張りましょ~ねぇ~。」


って、やさし~くお返ししました。






といっても、


事務所に来るのは平日よりも遅いですし、


事務所を出るのも早かったりします。



夕方から飲み会!なんてのも、


ままあります(笑)




気分も平日とは違って、


かなりリラックスしています。



落ち着いて書類を作ったり、


ゆっくり調べものをしたり、


本を読んだり、音楽を聴いたり、考え事をしたり…。




まわりの人がお休みの時に、仕事をすること、


そこに残念な感じがすることはあります。



逆に、まわりの人が仕事をしている時に、


お休みする訳にはいきませんから、


なかなか遊びに行くことが出来ません。



仕事以外にもやりたいこと、多分、あります。


きっと、たくさんある方だと思います。




ただ、ボクは、今、仕事が出来ること、


目の前にボクのやるべき仕事があること、


それ自体には、多くの幸せを感じています。



そこには、支えて下さっている方々がたくさんいます。



ご依頼者の方々に対しても、


とても、ありがたく思っています。



とても、とても…。





ボクが20代のころ…、


まわりの人たちとは、まったく異なる時間の流れの中にいました。



朝、起きて、仕事に行って、


夜、帰って、ご飯を食べて寝る。



そんな生活は、ほとんどありませんでした。




ボクは、狂ったように芝居のことを考えていました。


無我夢中で、そのことばっかり考えていました。



精神的な部分は、すべてそのためにありました。




「オレは、今、好きなことを思いっきりやってる。


だから、いつ死んでも絶対に後悔しない」



本気でそう思っていました。


幸せでした。




でも、現実は厳しかった…。



芝居のことを考えれば考えるほど、


芝居に夢中になればなるほど、生活が厳しかった。



お金がなかった。


普通の生活が出来なかった。



ボクは、不規則極まりない環境の中で、


ただただ、芝居以外の時間を、


どうやってお金に換えるかで必死でした。



買いたいものなんてなかった。


欲しいものなんてなかった。



ただ、芝居がしたかった…。


芝居をしながら、生活がしたかった…。




当時の劇団の仲間とも、


“危ない仕事”


“怪しい仕事”


“とりあえず稼げる仕事”


について、本気で語り合いました。




「頑張ろう!」、「信じよう!!」って、


バカみたいに慰め合ったり、



「そんな中途半端な考えなら、やめちまえ!!」


って殴り合いのケンカもしました。



真剣でした。



が、その分、貧乏で、


その分、“不安”でした。


みんな、たまらなく“不安”でした。




冗談のように聞こえるかも知れませんが、


当時、ボクは、いつでも泣けました。



演技する必要なんてありません。


自分の将来を案ずることで、


いつでも涙があふれてきました。




仕事をしていても不安でした。



芝居の稽古をしていても、


舞台に上がっていても不安でした。



家でじっとしていることなんて耐えられませんでした。








今、


ボクは、その劇団をやめ、芝居もやめ、


司法書士の事務所をやってます。



もちろん、真剣にやっています。



お陰さまで、ご依頼者さんを含め、


たくさんの人に支えてもらってます。




ボクは、ただの司法書士ですから、


自分の知識や才能には、何ら自信を持ってません。



自分がこの仕事に向いているなんて、


思ったことすらありません。




ただ、ボクのご依頼者さんの満足度には自信があります。



少なくとも、ボクがこの仕事をやっている意味は、


そこにあるんだと信じています。






でも、今でも感じます。




結局、今のボク、あの当時のボクと、


何ひとつ変わってないような気がすることがあります。




特に、休日にひとりで事務所にいると、


たまらなく、そう感じることがあります。



確かに貧乏ではなくなりました。



やるべき仕事もあります。


遣り甲斐も感じています。



ありがとうって言ってもらって、


ありがたいんです。


とってもありがたいんです。




でも、何も変わってないんです。



なんでこんなに不安なんだろうって、


自分でも、不安になることがあります。




多分、自分自身の中で色々な思いが、


こんがらがっているんだと思います。






だから、やっぱり、


家でじっとしていることなんて、できないんです。





仕事があってよかった。


一緒に頑張ってくれる依頼者の方がいてよかった。



そのために、ボクが出来ることに全力を尽くそう。





支えて下さっている方々への感謝の気持ちと共に、


ボクは、今、そんな思いで仕事をしています。

投稿者: ナチュラル司法書士事務所

司法書士 小西隆弘のブログよくあるご質問相談事例
TEL:0120-228-677 面談予約