事務所ブログ

2011.11.29更新

つい先日、親戚のお通夜に行ってきました。



遠縁の親戚でもあり、


これまでにお会いしたことは、ほんの数回、


前回お会いしたのも、恐らく10年以上も前。



その当時で50代半ば…。


ボクの中では、“仕事バリバリのおじさん”の印象でした…。



 

ですから、


 「お久しぶりですね。

 

実は、“相続”のことで、一度、ご相談したいんですけど…」

 

と、その奥さんからお話しを伺ったときには、

 

てっきり、お知り合いの方の話かと…。



「えっ、えっ、おじさんが亡くなったんですか…??」

 

それはそれは、驚きました…。



実はこのおじさん、

 

ボクが約15年前、役者を目指して東京へ出て来たとき、

初めて、その関係でのお仕事を紹介してくださった方なんです。


 

上京後、しばらくしたとき、

 

ご自宅へ食事に招いて頂きました。


 

初めてお会いするおじさんは、とてもフランクな感じで、

 

「実は、ボクも学生の頃に芝居をしてたんだよ…。」



なんと、その奥さんも芝居をなさっていたとのことで、

 

ご夫婦揃って芝居好きでした。



おじさんは、その当時、広告関係の仕事に就かれていましたが、

 

「どんな芝居が好きなの?」

 

「あの役者さんはいいよね??」

 

色々な話を聞かせて頂きました。


 

ボクにとっては憧れである、

 

古き良き時代の芝居の話もして頂きました。


 

「大変だと思うよ。でも、頑張ってみなさい」


 

「キミなら上手く行よ!!」とか、

 

「そんな簡単な世界じゃないよ!!」とか、

 

「早めに見切りをつけた方がいいよ」、

 

そんなことは、ひと言もなく、

 

ただ、「頑張ってみなさい」って…。



その後、その方から、

 

ある有名な芝居の“裏方”の仕事をご紹介頂きました。

 

「勉強になるといいね」って。



もちろん、

 

ひとりの役者として舞台に立つことは出来ませんでした。

 

しかし、それが、上京後のボクにとって全ての始まりでした。



「絶対に、これで“メシ”を食ってやる!!」

 

何も知らない、何も分かっていない、

 

ただの世間知らずな、小生意気な若造だったと思います。


 

にもかかわらず、非常に貴重な機会を与えて頂きました。



 

あれから、約15年…。


色々なことがありました。

そう、本当に色々なことがあり、

 

ただの役者さんにすらなれなかったボクは、

 

ただの司法書士として、今、この仕事をしています。



でも、まさか、このボクが、

 

その方の、そのおじさんの相続に関係し、

 

司法書士として仕事をすることになるなんて…。



 

たったの66歳…。

 

久々に見た笑顔が『遺影』だなんて…・。



「何なんだよ!人生って??」ってやっぱり思いますよ。




 

でも、何か違うんです。

 

単に悲しいとか、単に淋しいとかと、ちょっと違うんです。

 


「そうだったよなぁ。


あれから、芝居、止めちゃったんだよな。


残念だったな…。


でも、いいじゃないか。


今の仕事、一生懸命頑張りなさいよ」

 

そんなこと、言ってもらえるんじゃないかと…。


 

「今は今で色々あるんだろう。


そりゃぁそうだよ。


ボクだって、今まで色々あったもん。


でも、頑張ってみなさい」


そんな風に、今でも言ってもらえる気がして…。



 

でも、

 

お通夜のとき、

 

おじさんの奥さんが、悲しみの笑みでこうおっしゃっていました。


 

「自分の好きなことをして死ねるのは幸せなこと。


だから、きっと本人も納得していると思うよ。


病気になっても、最後までお酒、止めなかったもん…。


でもね…、ちょっと、

 

ちょっとだけ、早いかな…」




 

そうだね…。


 

「おじさん、応援ありがとうございました。

 

その節は、本当にお世話になりました。

 

でもね…、奥さんが言うとおり、

 

やっぱ、ちょっと、早いと思う…。」



 

投稿者: ナチュラル司法書士事務所

2011.11.13更新

先日の夜、そろそろ帰ろうかなぁと思っていたところ、


突然、事務所のドアが開きました。



「自分のことではないんですが、


ちょっと相談したいことがありまして…。


いきなり来ちゃったんですが、時間とか大丈夫でしょうか?」



はい。


ボク自身、遅い分には何も問題ありません(笑)


早速、お話をお伺いしたところ、その方のお母様のことでした。



「今まで、全然気付かなかったのですが、


どうやら、うちの母が色々と借金をしているみたいでして…。



私ごとですが、実は、今後しばらくしたら私が家を出て、


母とは離れて暮らすことになるんです。


ですので、この機会に何とか解決できないものかと思いまして…。」



お母様のお借入の内容とかはお分かりですか?



「ええ。


最初ははっきりとは言わなかったのですが、


『出来るだけ協力するから隠さず全部言ってくれ』


って、何とか聞き出しました。


そうしたら、情けないことに結構ありましてね。


そこで、私も知り合いに相談したところ、


“払いすぎた利息”とかっていうのがあると聞いたもので。」


“過払い金”のことですね?
 

 

「そう、それです。


私の知り合いにも、そんな手続きをした人がいて、


随分と楽になったと聞いていたので、


とりあえず、私も母の代わりに相談してみようかと…。


ただ、私の仕事の関係で、なかなか予定が立たなくて…。


今日も、突然にすみませんでした。」



いえいえ、遅い分には大丈夫ですよ(笑)


ただ、代わりにご相談頂くことは全然構わないのですが、


今後、手続きをするとなると、ご本人様、つまりお母様とお会いして、


直接、お話しする必要がありますが、その点は大丈夫ですか?



「もちろんです。


私が連れてきます。」



かしこまりました。


では、ご都合のよろしい日時がありましたら、


ご用意してお待ちしておりますね。



「ありがとうございます。


ただ、私の仕事が遅いもので、なかなか都合がつかなくて。


土日とかでも大丈夫でしょうか?」



はい。


土日もたいていは事務所にいますので(笑)




…ということで、


ひととおりの手続きの内容をご説明のうえ、


一番直近の土曜日の午後にとりあえずの予定を入れ、


あとは、お母様のご都合を確認して頂くことにしました。




ところが次の日…。



「あの~、昨日相談した者ですけど…。


今日、母と一緒に行っても大丈夫ですか??」



んっ?


いかがなさいました。



「はい。


私、職場に無理言って、今日の午後から早退することにしました。


少しでも早い方がいいと思いまして。


その方が、母も安心するでしょうし…。
 


 



ボク、いつも、ご依頼者の方へ、


「一緒に頑張りましょう!」って伝えます。


残念ながら、ボクには、“出来ること”しか出来ません。



仕事上・立場上の制限もあれば、個人的な能力の限界もあります。



ただ、少なくとも、ボクに出来ることは、


一生懸命頑張るつもりで、そうお約束します。




「お母さん、一緒に頑張りましょうね。


こんなにご心配してくれるお子さんもいらっしゃいます。


ボクも、もちろん出来る限りのご協力をさせてもらいます。


だから、みんなで、一緒に頑張りましょうね。」
 



二人がお帰りになった後、


お子さんからメールが来ました。


「母を助けて頂き本当にありがとうございます。」




お母様はもちろん、


そのお子さんの“お母さんへの思い”にもご協力できること、


ボクは、とても、とても、うれしくて…。

投稿者: ナチュラル司法書士事務所

2011.11.01更新


更生手続・弁済に関するQ&A
h
ttp://www.takefuji.co.jp/corp/nwrs/detail/111101.pdf
by 更生会社株式会社武富士 管財人 小畑英一

昨日、東京地方裁判所から更生計画認可の決定を受けたことにより、
武富士のHPに更生計画認可決定のお知らせがUPされておりましたが、
早速、今後の進行についてのQ&AがUPされました。

気になるところとしましては…。

Q04 第1回の弁済は、いつ頃に行われるのか。
A04 平成23年12月中旬ころに開始できる見込みです。

Q09 現時点における第2回弁済の見込みについて教えて欲しい。
A09 資産の売却、法人税の還付請求、旧役員・創業家大株主への請求等、
    いずれも相当の期間を要する見込みであり、第2回弁済が実施される
    場合の弁済時期は未定です。
    管財人として第2回弁済の実現のため引き続き努力をして参ります。

とのこと…。


ちなみに…
武富士、平成23年12月1日を予定として、
新しい名前、「TFK株式会社」となるそうです。

投稿者: ナチュラル司法書士事務所

司法書士 小西隆弘のブログよくあるご質問相談事例
TEL:0120-228-677 面談予約