事務所ブログ

2011.10.07更新

先日の土曜日の午後、

 

ご依頼を受けた相続登記の戸籍謄本をチェックしていると、

 

事務所の電話が鳴りました。


 

「お休みのところ申し訳ありません。


初めてお電話するんですけど…。」



「あっ、はい。


こちらこそ、初めまして。


休みではありませんので、どうぞご安心ください(笑)」



「ありがとうございます。ところで…。


そちらの事務所では、相続登記はやってらっしゃいますか?」


「はいはい。


もちろんやっておりますよ。」



「はぁ~、そうですかぁ…。」


「(ん?何だか元気が無さそう…。)何かお悩みですかぁ?」



「あっ、いえ…。


突然のお電話で失礼とは思いますが、


実は、昨年に主人が亡ったんです。


で、その主人名義のマンションを、


私の名義に書き換えたいのですが、


どのくらい必要でしょうか…?」


「どのくらい?というのは、お金のことでしょうか?」



「はい。恥ずかしながら、お金のことなんですが…。」


「恥ずかしくなんかないですよ。


皆さん、気にされることですから。


私だって、買い物をするときには、値札を見てから買いますもん(笑)」



「ただですね…。


マンションの名義を書き換えるためには、


実費として登録免許税という“税金”が必要になるんですね。」



「この税金は、ご自身で手続きをされても必要になるものなのですが、


その税金がいくらになるかは、マンションの価値によって異なります。」



「ですから、マンションの価値が分からないと、


一口に“いくらですよ!”とご提示することが難しいんです。


ちなみに、おおよそのマンションの価値ってお分かりになります?」



「いえ、価値なんて…。


とても古いマンションですから…。」



「そうですねぇ…。そうしたらですね。


仮に、仮にですが、そのマンションの価値が1,000万円!だとしましょうか。」



「えぇ…。その位でしょうか…。」


「そう仮定すると、手続きに必要な税金は、4万円です!


で、もし、そのお手続きをご依頼頂くとなると、


その税金にプラスして、手数料、いわゆる“報酬”を頂戴することになります。



「えぇ。面倒なことをお願いするんですから、


実費以外に、支払いが必要なのは分かるんです。


で、その報酬というのは、いくら位でしょうか?」



「はい。頂戴する報酬の金額は、


その手続きを行うために、どのくらいの作業が必要になるかによります。」



「戸籍謄本や必要な書類が、予め揃っているようでしたら、


そのご負担は要りませんし、私の方で全部集めるとなれば、


その分、ご負担頂くことになります。」



「もう少し詳細をお伺い出来れば、手続きの流れをご説明のうえ、


実費含めての【お見積り書】をご提示しますが…。」



「すみません…。


だいたいでいいので、どれくらいですか?」


「そうですねぇ…。


お手元の資料を拝見しませんと、これまた一口では難しいのですが、


私の事務所の平均としましては、だいたい7万円くらいでしょうか。」  



「ですよね。ですよね…。


私もそれ位だと思っていたんです…」


「ん??どうかなさいました?」



「いえ…、実は…。」


 




 


実は、このお電話の女性の方、


既に、ある司法書士事務所さんへ相続登記をご依頼されていました。



で、お電話を頂いた前日(金曜日)の夕方、


その司法書士事務所さんから連絡があったそうです。


「相続登記が終わった旨」&「ご請求の旨」の…。



そして、あさって(週明け月曜日)には、


「お支払いする予定」とのことでした…。





「請求された金額が思いのほか高くて、


それで、驚いてしまって…。」



「はぁ…。そうだったんですか…。


実は、数年前までは、“報酬基準”というのがありましてね。


“報酬”の大枠は決まっていたんです。」



「ただ、今は、“報酬”の金額については自由化されていますので、


それぞれの事務所さんで、決めた方はバラバラなんですよ…。」



「もちろん、その報酬基準に沿った“相場”というものはあるんですが、


自由化の結果、事務所によっては、倍以上違うなんてこともあり得ます。」



「でも、その司法書士さんへご相談なさったとき、


費用等のご説明は、ありませんでしたか?


『お見積り』とかのお話は、ありませんでしたか?」


 



「はい。ありませんでした…。


こちらから聞くのも、失礼かと思いまして…。





改めて詳細をお聞きしたところ、


「請求書の内訳は分からない…」とのことでしたが、


内容をお聞きする限り、特に法外な値段設定という訳ではないようでした。



そのことをお伝えしたところ、


お電話の女性は、少しだけ安心されていました。



しかしながら、例え、それが妥当な金額であったとしても、


この女性は、すでに多くの不信感を感じていらっしゃいました。



同じ司法書士として、とても残念です。



「全体の費用で、この位は必要になると思いますよ」


と予めご説明していれば…。




当たり前のことですが、


司法書士には、手続きの報酬(値段)について、


キチンと説明する義務があります。


 


もし、この女性から依頼を受けた司法書士さんが、


報酬についての説明を一切していなかったとすれば、


この司法書士さんには明らかな“落ち度”があります…。



ですから、ボクは、この司法書士さんをかばうつもりはありません。


 



ボクは、お電話の女性に、


「まずは、請求書の内訳をよくご覧になって下さい。


そのうえで、不明な点は何でもご質問なさって下さい。


ご安心下さい。


ご依頼なさった司法書士さんには、


その質問に答える責任がありますから…。」


とお伝えしましたが、なんとも、後味の良くない話しでした…。






 

ボクは、値札の貼っていないものは買えません。


値札の貼ってない洋服をレジに持って行く…


値段の分からないお寿司を注文する…


そんな勇気はありません。



そのかわり、もし値札が貼っていなければ、


「これ、いくらですか?」と聞く、勇気が必要になります。



なんとなく聞きづらい雰囲気…


なんとなく恥ずかしさを感じる状況…


あろうことか、明らかに不機嫌になる店員さん…


色々あります。



ただ、そのひと言を聞く勇気を選ばない限り、


その買い物は、ある意味、“バクチ”です。





お買い物をする。


手続きを依頼する。



値段が気にならない訳がありません。





繰り返しになりますが、


司法書士には値札を貼る義務があり、説明する責任もあります。



ただ、司法書士は、“100円ショップ”でも、


“一皿100円の回転ずし”でもありません。


残念ながら、値段は決まっていないのです。



ですから、もし、


値札が貼っていなければ…


値札の見方がよく分からなければ…



悩まずお聞きください。


決して、決して、失礼なんかではありませんから。




「これ、いくら??」


ご自身のためにも、納得するまでお聞きください。




キチンとした事務所さんには、


当然、キチンとご説明頂けますから!!


 


うん、絶対!!

投稿者: ナチュラル司法書士事務所

2011.10.06更新


旧役員等及び大株主への訴訟の提起について

http://www.takefuji.co.jp/corp/nwrs/detail/111005.pdf

いまや…更生会社となっている武富士の管財人が、
創業者や旧役員等に対して、訴訟を提起したようです。

内容は、
「元役員に対する損害賠償請求訴訟」
「創業者に対する損害賠償請求訴訟」
「元役員に対する報酬の不当利得返還請求訴訟」
「創業株主・関連会社に対する配当金返還請求訴訟」

なお、創業者である武井元会長は既に亡くなっているため、
相手方は、その相続人7名…。
その請求金額の合計は、約151億9,000万円とのこと…。

もちろん、回収出来れば、第二回弁済の原資に充てられます。
第一回の弁済割合は、たったの3.3%…。
過払い金100万円が3万3,000円に…。

【管財人は、弁済原資を最大限確保するため
~(中略)本件提訴に及んだ次第です。】


ある依頼者の方がおっしゃってました。

「いいんです。
元々、返ってくるなんて思っていなかったお金ですから。
あれだけ騒がれて、武富士も大変だったと思います…。

ただ、キチンとして欲しいです。

私なんかが、説明を受けても難しいことは分からないと思います。
ただ、正しい手続きをしてくれるのであれば…、私は納得できます。」


投稿者: ナチュラル司法書士事務所

司法書士 小西隆弘のブログよくあるご質問相談事例
TEL:0120-228-677 面談予約