事務所ブログ

2011.06.23更新


【「レイク」のサービスを新生銀行で展開】

この度、新生フィナンシャルは、平成23年10月1日(予定)に、個人向け無担保ローン事業の一部を新生銀行に譲渡し、新生銀行が新たに「新生銀行カードローン レイク」ブランドによる個人向け無担保カードローンサービスを提供することとなりましたのでお知らせいたします。

詳細はプレスリリースをご確認ください。



「レイク」をご利用いただいているお客さま

今回の事業譲渡による現在のお取引へのご変更はございません。
引き続き「新生銀行カードローン レイク」の店舗や各種会員サービスをご利用いただけます。

今後は新生銀行ともども、お客さまによりご満足いただけるよう努力してまいりますので、従前通りのご利用、お取引を賜りますようよろしくお願い申し上げます。


本件に関するお問い合わせ

0120-09-09-09



どの消費者金融業者もそうであるが…、
改正貸金業法が昨年6月に完全施行されたため、年収の3分の1を超える貸し付けが禁じられた(いわゆる総量規制)。そのため、レイクの貸出残高も減少し、収益が悪化していた。

今後、新生銀自らが事業を手がけることで総量規制がかからなくなり、年収の3分の1以上の額になっても融資できるようになる。



なお、『総量規制』については、日本貸金業協会HPを参照

Q
「年収の3分の1を超える借入れの制限(総量規制)の対象となる借入れは、銀行からの借り入れも含まれるのでしょうか?」

A
「総量規制は、貸金業者からの借入れを対象としており、銀行の貸付けは貸金業法の規制(総量規制)の対象外です。

したがって、銀行等からの借入れを合わせた結果、借入残高が年収の3分の1を超えていたとしても、
ただちに総量規制には抵触しません。

また、銀行のカードローンも、一般の銀行等の借入れ同様、総量規制の対象とはなりません。」

 

というからくりですが…、

銀行自らが、消費者金融大手と同じように無担保ローン専門の無人店舗を全国展開するのは初めてとのことです。

 

投稿者: ナチュラル司法書士事務所

2011.06.14更新


今朝は、少しばかり遠い裁判所へ出廷するため、


少しばかりの早起きを…。




日頃から寝起きは悪い方ではないものの、


頭の冴えは今ひとつ…。




行きの電車で読み出した本の内容も、


あんまり頭に入って来ず仕舞い…。




そんなこんなで、


片道約2時間の電車を乗り継ぎ、


駅から裁判所への道すがらの赤信号…。




信号待ちで、


ふと、足元を見ると、



『勧学御守』






人に踏まれ…?


車に轢かれ…??



中身、出ちゃってるし…。





なんとな~く、


見てはイケないものを、見てしまった気になりながら、


余計なお世話で、余計な心配…。



「落っことした人、


勉強、はかどってるかな…??」







ただ…、


お陰さまで、ボク、帰りの電車の中でのお勉強、


かなり、はかどりましたぁ(笑)





お陰さまで


お陰さまで



筆不精 司法書士による債務整理ブログです。

投稿者: ナチュラル司法書士事務所

2011.06.05更新

こんにちは。


さてさて…(笑)



今日は、日曜日ですね。


東京の板橋は、天気もいいです。



うん、だから、いい日曜日です!!


多分…(笑)




最近、ある知人から、

 

『短くてもいいからブログを書きなさい。』


と言われました。




『止めないんなら、少しは更新しなさい!


更新出来ないんなら、書かないんなら、


 

そんなブログ、止めちゃいな…』


と言われました…。




 

「…確かに。




んで、色々と考えたうえで、


久々に更新してみようと思います。




読んで頂ける方もめっきり減っちゃったと思いますが、


改めて、改めて、よろしくお願いします。






さて、今朝は、日曜日ということもあり、


ちょっとだけ遅く起きました。



して、テレビをつけると、


なんと、衣笠 祥雄(きぬがさ さちお)さんがテレビに出ていました。



「おぉぉ、衣笠だ!!


 

鉄人、久しぶりだなぁ~」




あの?


ご存知です?


元広島カープ(プロ野球)の衣笠選手って?



ボクは、広島出身なので、もちろんお馴染みです。



カープファン以外の方には、


“鉄人衣笠”として…


連続試合出場の記録を作った選手として有名ですかね。



そう、山本浩二(ミスター赤ヘル)と


カープの黄金時代?を築いた選手です!!(笑)



打順は、浩二が4番、衣笠は5番でした!!


背番号は、浩二が8番で、衣笠が3番でした!!


(もちろん、どちらも永久欠番!!)



ボクも、ちっちゃい頃は、浩二や衣笠、それに高橋慶彦!の


背番号入りのTシャツやパジャマを着てました。



弟とお揃いで…(笑)




ただ、その輝かしい功績と同時に、


ボクの子供時代の記憶ですら残っているのが、


衣笠選手の“スランプ”です。




ボクの父親は、完全なるカープファンです。


しかも、熱いファンです(笑)



酒を片手に野球中継を見ながら、


よくテレビに向かって怒鳴ってました。



『衣笠は打たんけぇ~、替えろや!!』


 

『衣笠は、引っ込めやっ!!』


って…。




 

『鉄人だったら、素手で打ってみろ!!』


とも…(笑)





当時、ボクの家では、カープが負けることは一大事でした。


その父親の機嫌が、とにかく悪くなりますから。



ただでさえ、機嫌のいい時間が少ない父親でしたから、


その機嫌が悪くなると…。




物が壊れます…


誰かが泣かされます…(笑)





そんなお陰で、ボクの中でも、


衣笠選手にあまりいいイメージはなく、


衣笠選手と“スランプ”とは、切っても切り離せないイメージ。



ただ、衣笠選手が野球選手として残した成績は、


誰がどう見ても、輝かしいものなんです。


2500本安打、500本塁打!!



にも関わらず、スランプのイメージがつきまとう…。



そう、衣笠選手のスランプは、スランプの中のスランプ、


それこそ誰がどう見ても、“ド・スランプ”だったんだと思います。



輝かしい功績の一方で、


“死”をも感じたという、“ド・スランプ”…。






その後、現役を引退した衣笠さんが、


「何をやってもうまくいかない状態(スランプ)からの脱出」について、


何かのインタビューで語っていました。




『まずは、今の自分がスランプであることを、


自覚することから始まると思います。



もがいても、あがいても、うまくはいきません。


だって、スランプなのですから(笑)



ただ、その答えは、絶対に自分の中にあります。


それを見つけて下さい。


 

そのために、ゆっくりと自分自身と向き合って下さい。』






今朝、久々にテレビで衣笠さんを見ながら、


もう十年以上も前に聞き、感銘を受けたその言葉を思い出しました。



“スランプ”かぁ…


今の自分は…、果たして…。





実家の父親は、


今でもカープの勝敗に一喜一憂していることでしょう…・。



頑張れカープ!!


頼む、勝ってくれ!!



オヤジのために!!


そして、母親と、リリさんのためにも!!

投稿者: ナチュラル司法書士事務所

司法書士 小西隆弘のブログよくあるご質問相談事例
TEL:0120-228-677 面談予約