事務所ブログ

2011.02.19更新

ボクは、東京司法書士会の板橋支部というところに所属しています。


(事務所が東京の板橋区にある、というだけなのですが…)


ボク、なぜだか、その板橋支部の役員さんをしているのです(笑)



 


セミナー委員というもので、


 

板橋支部で年に5~6回行われる研修会(セミナー)の内容を決めたり、


 

その講師の先生方との調整を図ったりするお仕事です。



 


開業した次の年からやらせてもらっているのですが、


 

これがまた、定例の役員会の集まりとか、


 

区の無料相談会の準備とかで、まぁまぁ色々とありまして…、


 

日程調整で毎回、泣きそうになってます。



 


正直、ボク、自分の仕事で手一杯なところがあります。


 

ただ、それはそれ、これはこれ…(笑)



 

そんなんことを言ったら、他のみなさんも一緒です。


 

ボクなんかよりも、もっとお忙しい方もいらっしゃるはず…。


 

だから?引き受けた以上、文句は言えません(笑)




 


で、昨日も、


 

その板橋支部の研修会があったんです。



 

東京司法書士会の業務部から、


 

2名の先生方を講師としてお招きし、


 

「司法書士の綱紀・懲戒について」の研修会でした。




 

しかも…、


 

ボクは、その研修会の担当者となっておりまして…。



 

事前に講師の先生方との打ち合わせをしたり、


 

出席される方々の名簿や当日の資料の準備をしたりで、


 

またもやバタバタ(笑)



 

おまけに、前々日、


 

板橋支部の支部長さんから、


「あぁ~言い忘れたけど、


当日は、司会もお願いね!


 

あと、その後の懇親会の幹事もね!!」

って…。



 


とほほ…(苦笑)



 


とは、言いながらも、


 

講師の先生方、研修会にご参加頂いた板橋支部のメンバーさん、


 

皆さまのお陰で無事に終えることが出来ましたぁ!!



 

めでたし、めでたし~!!






 

さてさて、


 

『誰かがしないといけないこと…』


 

誰がするのか?は問題ですよね。



 

昔で言えば、


 

学級委員やクラス委員も一緒ですかね。


 


誰もやりたがらない…。


 

でも、たまぁ~に立候補する変わった人もいましたっけ…(笑)





 

と書きながら、今しがた、


 

ボク、自分が小学生だった頃のある出来事を思い出しました!!



 

ほろ苦い“思ひ出”を…(笑)




 

あれは、ボクがまだ小学校の低学年の頃です…。


 

例によって、クラス委員の選挙があったんです。



 

立候補者は、いませんでした。


 

なんで、しかたなくの推薦です。



 

記憶が定かではないのですが、


 

恐らく、担任の先生が、


 

「誰かいい人はいないかぁ~」なんて促したんだと思います。



 

その結果、しばらくして、


 

A君が推薦されました。


 

推薦したのは、B君です。



 

直後、


 

A君は、B君を推薦しました。



 

で、C君は、D君を、


 

D君は、C君をといった具合に…。



 

小学生らしい?


 

まさに推薦合戦が始まりました(笑)




 

それがしばらく続き、


 

なんと、X君、とうとうボクを推薦したんです。



 

「えっ…。絶対やりたくない…。」


 

でも、ボクは、誰も推薦しませんでした。



 

今、思い出すと、


 

ボク、ちょとだけ、冷めてたんでしょうかね…(笑)


 

「そんなこと、繰り返したって…」って感じ。




 

で、その選挙の結果はというと…、


 

ボク以外の人が選ばれました!!



 

「ほっ…。やらなくて済んだ…。」


 

でも、そのかわり生活委員だかをやったような…。



 

そこまではいいんです。





 

で、で、問題は、


 

その日、学校からの帰り道のことでした。



 

ボク、いつもX君と一緒に帰っていました。


 

そう、ボクを推薦したX君です。


 

確か、近所だったんだと思います。



 

X君、少々機嫌が悪いようでした。



 

ボク、昔からなのですが、


 

人が機嫌が悪いのって、結構気になるんです。



 

で、その機嫌の悪いX君に言われたんです。



「あのさぁ、今日のクラス委員の選挙の時、


なんで、オレを、推薦してくれなかったの?」


 

って…。



 

「オレは、推薦したのに…。」


 

って…。




 

「えっ!? ごめん…。」


 

としか言えませんでした…。






「やりたければ、立候補すればいいじゃ!」


違うんだと思います。




「でも本当はやりたくはなかったんでしょう?」


も違うんだと思います。




X君には、X君で、


クラスでの自分の立場とかプライドがあったんだと思います。



推薦合戦に参加出来なかったことで、


クラスのみんなから“乗り遅れた感”を感じたのかもしれません。




でも、ボク、そこまでは考えてなくって…。


ただ、ボク、なんだか、カッコ悪い気がしただけなんです。



推薦合戦…。


仕返しっぽくて…。




でもでも、結果的には、


X君に悪いことをしてしまいました。



実際に、X君はショックを受けていましたから。



X君の“恩“を、


ボクは“仇で返した”ことになるのでしょう。




難しいなぁ~。


“他人の気持ち”って…。


“人間関係”って…。


子供ながらに感じたような気がします。




もちろん、大人になった?今でも、


充分、感じてますけどねぇ…。





で、ボク、このブログを書きながら考えたんです。


「その後、X君とボク、どうなったんだっけなぁ~?」


って。







それがぁ~


全然、記憶にありません…(笑)














原君


元気にしてますかぁ~(笑)

投稿者: ナチュラル司法書士事務所

2011.02.08更新

諸事情により、先週いっぱいは仕事が大変でした…。


改めて考えるところもたくさんありました…。




その結果…、


ボクは、ボクのやり方でしか、


ボク自身の信じる方向性でしか、


頑張れないであろうことを痛感しました。



だから…、


いい意味でも、悪い意味でも、


自分に対して、頑固に頑張ることにしました。



言い訳は出来ません。


責任を取るのは、ボク自分です。



だから…、


ボクは、これからも自分を信じながら頑張るつもりです。



一体、なんのことやら…(笑)





ところで、ボクのこのブログのことなのですが…、


たまぁ~に、ごく近しい人から、


「イイこと、書くよねぇ~」って言われます。



読ん頂けることへのありがた~い気持ち、もちろんです。


ただ、それと同時に、ボクは、ちょっと戸惑ってしまいます。


『イイこと…!?』




以前も、自分のブログで書いたことがあるのですが、


ブログって、一方的に何でも書くことが出来ますよね。



自分を良く見せることも、


嘘を書くことも出来ます。



だから、ひょっとすると、


そんな風に思われてる部分もあるのかなぁ~って…。




ただ、このブログの意図するところは、


そうではなくて…。




いまさらですが、このブログ、


『筆不精 司法書士による債務整理ブログ』なのですが、


ボク、文字どおりの筆不精なんです。


自分のことを話すことも、得意ではありません。



ということもあり?


最初は、みなさんのブログの読み手でした。



そして、たくさんの方々のブログを拝見しながら、


自分の依頼者さんからは、なかなか聞くことが出来ない、


債務整理手続きを通しての悩みや不安を知ることが出来ました。



ブログの中でのみなさんの本音は、


とてもストレートでした。



ご依頼されている事務所さんも様々…。


とても親身に対応されている事務所さんがある一方で、


信じられないような対応をしている事務所さんがあることも知りました。



そこには、ボク自身が反省することもありましたし、


また、改善していく必要も感じました。




ただ…。


それと同時に、誰にも相談出来ず、


いまだに悩んでいる方が、たくさんいらっしゃることも…。



誰に相談していいのか分からない方


どの事務所に相談しようか悩んでいらっしゃる方


いわゆる専門家に対して不信感を持っていらっしゃる方




ボクは、少なくとも、自分のブログで、


『ボク自身がいかにイイ仕事をしているか!』


『どうぞ安心して、ボクの事務所にご依頼ください!』


なんて偉そうに語るつもりはありません。



そんな意図はありません。




ただただ…、


もし、誰にも相談することが出来ず、


いまだに悩んでいる方がいらっしゃるなら…。



ボクの事務所へご相談なさった方々のお気持ちを、


様々な不安を乗り越えながら、ご相談なさった方々のお気持ちを、


少しでも知って頂くことが出来ればと思うのです。



そして、不安を抱えながらご依頼頂いた結果、


解決することが出来た方々の喜びを、お伝え出来ればと思っています。



 

『こんなことなら、もっと早く相談しておけばよかったぁ~』


と、笑顔でおっしゃる方々のその複雑なお気持ちを、


少しでもお伝え出来ればと思っています。




だから、


だからこそ、


今、お悩みの方、


『どうぞ前向きに考えて下さい。』と…。



そう、願っています。




もし、ご依頼なさった事務所さんに対して、


不信感を持たれている方がいらっしゃるなら…。



そんな事務所さんだけではありません。


『あなたのことを考ながら、


一緒に頑張ってくれる事務所さんも必ずあるはずです。』


とお伝え出来ればと思うのです。





ボクは、何様でもありませんから、


誰かを、何かを、代表して語るつもりはありません。



ただの司法書士として、お伝え出来ることは限られています。


ただ、その限られた中で、何かをお伝え出来ればと思っています。




誰かのお役に立つことがあれば嬉しい限りですし、


ボクは、それで充分です。




そんな気持ちで、


これからも書けることを書いていくつもりです。






ボクのこのブログの意図、


そんな感じです。




その程度です。




 

投稿者: ナチュラル司法書士事務所

司法書士 小西隆弘のブログよくあるご質問相談事例
TEL:0120-228-677 面談予約