事務所ブログ

2013.09.16更新

この前の土曜日、
ボクは、太田さんの家に遊びに行ってきました。

今年の5月に一緒に高尾山へ行ったきり、
約4か月振りでした。


実は、約2月前の日曜日、
ボクは、太田さんの家へ遊びに行く約束をしていました。

しかし、当日の朝7時過ぎ、
太田さんの息子さんからメールが来ました。  
「ごめんさない。
母親が体調が良くないそうなので、病院へ連れて行きます。
今日、遊びに来てもらう予定だったそうですが、
延期してもらっていいですか?」
と…。

「もちろん…」と返信したところ、
お昼過ぎに、またメールをもらいました。

「めまいがひどいということで病院に行ってきました。
今は落ち着いています。
楽しみにしていたので、時間がありましたら、またお願いします。」

これまでの太田さんとの長い付き合いの中で、
初めてのことでした…。


次の日、太田さんに電話をしてみました。

「おにいちゃん、昨日は急に悪かったね…。
せっかく時間を作ってくれたのにごめんねぇ。
でも、もう元気になったからね。
また遊びに来てくれる?」

「もちろん(笑)」

ただ、太田さんの電話の声は、
あまり元気そうではありませんでした。


それからしばらくして、
ボクは、太田さんに電話をしました。

「太田さん、この前は、大変だったね。
でも、元気になって良かったよ~!!
この前行けなかったから、また遊びに行こうと思うんだけど、
来週の土日とかは大丈夫?」

「うん。大丈夫だけど、来週だとちょっとあれだから、
もうちょっと先にしてもらっていい?
9月14日の土曜日はこのあたりの町内会のお祭りだから、
そのときに来て、一緒に見に行こうか」

初めてでした。
太田さんが予定を先延ばしにしたこと…。


いつもなら、
「今週も来て、来週も来ればいいじゃない!」とか、
「来週になったら、私は生きとるか分からんよ~」とか、
言ってるはずなのに。

体調が思わしくないんだなぁ…
と思いました。




久々に会った太田さんは元気そうでした。

開口一番、いつものように、少しイジワルっぽく、
「おにいちゃん、今日のこと、よく覚えてたなぁ~。
すっかり忘れてるかと思ってたわ~(笑)」

ただ、驚いたことに…、
太田さんは、家の中でも杖をついていました。

「あっ、これ?室内用の杖なの」って…。


これまでも、高尾山に行くときには、杖を持って行ってました。
「本当は杖なんかなくても平気なんだけどね」
「なんか、年寄りみたいで恥ずかしいわぁ」
「でも、息子に怒られるの。
コケて怪我でもしたら、面倒をみるのが大変なんだぞ!って(笑)」

「私は足腰だけは強いのよ。これも、高尾山のお陰だよ」
出会った頃から、ずっと、そう自慢してたのに。


テーブルの上には、
お昼ご飯が用意してありました。
いつものように、テイクアウトのお寿司です。

一緒に食べながら、色々な話をしました。

近くのドラッグストアが配達をしてくれて助かること。

買い物に行けないときは、
お惣菜屋さんから出前を取ることにしたこと。
美味しくないときは、自分で味付けをし直すこと。

あの日、めまいがして、病院へ行ったときのこと。

夜中じゅう、めまいがしながら、

朝まで誰にも連絡することができなかったこと。
夜中じゅう、怖かったけど、
朝、息子が飛んで来てくれて嬉しかったこと。



その中で、太田さんはこんなことを言ってました。

「長く生きることは大変なことだよ」って。

「長生きなんて何の自慢にもならない。

人に迷惑掛けながら生きたって、それは不幸なことだよ」って。

「この前は、掛布団と敷布団、全部で5つも布団を捨てたのよ。
役所へ電話したら、1500円分のシールを買うんだってね?簡単なことだよ」

「まだまだ捨てるものがたくさんある。着ない服もどんどん捨てるの。
そんなに服ばかりあっても、どこへ着て行くのよ」

「片づけてから死なんと、悪いから…」


「私も、あと2年…」



その後、昼寝をしました。
いつからか、食後は一緒にお昼寝をするのが習慣になりました。


夕方、太田さんは、薬を一錠飲みました。
めまいの薬だって言ってました。

ひょっとすると、ボクといる間に、
ちょっとめまいがしたのかも知れません。

ただ、その薬を飲んで、太田さんは気分が悪くなったらしく、
「おにいちゃん、悪いけど、ちょっと横になってもいい?
せっかく来てくれてるのに悪いなぁ~」
そう言いながら、30分くらい横になっていました。

その間、分からないながら、その薬をネットで調べたところ、
確かに、めまいの薬で、「耳鼻の血流を増やすことによって、
回転性のめまいを和らげる」というものでした。

そして、そこには、「副作用として、嘔吐、気分が悪くなることも…」
と書いてあったので、起きてきた太田さんにそのことを伝えてみました。

そうしたら、安心したようで、
「なんだ、やっぱり薬のせいだったんだね…。
それなら、もう大丈夫。気分も良くなったから。」

「じゃ、この薬は、何の薬か分かる?」
と、たくさんの薬をテーブルの上に…。

「え~っ、太田さん、
それは、病院の先生に聞かんとダメよ」

「私なんかがそんなことを聞いたら、
お医者さんが気を悪くするわ」

「そんなことないって!」

そこには、「めまいの薬」
「血圧を下げる薬」「血栓を防ぐ薬」
「血液中のコレステロールを減らす薬」がありました。

「おにいちゃん、飲んでも大丈夫そう??」

「えっ…?」


結局、その日のお祭りには、
出掛けることができませんでした。



帰りがけ、太田さんに聞いてみました。
ちょっと悩んだけど、やっぱり聞いてみました。

「太田さん!今度の高尾山はいつ行くかね??
暑がりの太田さんは、涼しくなってからがいいよね~(笑)」

「んん…、

最後にもう一回、行けるといいけどなぁ」


最後に?
そんな心細そうな太田さんは初めてでした…。




太田さんは、今、88歳です。

太田さんは、これまでも決して歳のことを口にしませんでした。

おにいちゃんが聞いたら、お化けだと思ってビックリするわ」と、
絶対に教えてくれませんでした。

数年前、息子さんから聞いて驚きました。
ボクは、もう10歳くらいは若いと思っていましたから。

だから、太田さんのいう「あと2年」というのは、
そう、そういうことなんです。


太田さんは、ずっとひとりだったんだと思います。
若くしてご主人を亡くされ、女手ひとつで息子さんを育てられ、
そのひとり息子さんがご結婚されたことで、
「結婚したら他人」
「息子には息子の生活がある」
「息子にも余計な心配は掛けられない」
「誰にも迷惑を掛けずに生きていく」
「これからは、ひとりで生きていくんだ」って。
すごく心細かっただろうなって思う。

「おにいちゃん、
よく、“死ぬのが怖い”とかって言うでしょう?
でもね、私なんかこの歳になると、死ぬことなんか全然怖くないのよ。
知らない間に、サバっと死ねたらそれは幸せなこと。
そんなことよりも、動けなくなって誰かのお世話になったりしたら、
そんな惨めなことはないのよ。
私は、そのことの方がよっぽど怖い」


今回も、ボクは、太田さんからこう言ってもらいました。

おにいちゃん
おにいちゃんはどうしてそんなにいい子なの?
忙しいのに、こんなババアのところに遊びに来てくれて。
高尾山にももう何回も一緒に行ってくれて。
私はね、
おにいちゃんのことを神様からの贈り物だと思ってるの。
だから、私は、
おにいちゃんのお母さんに、ありがとうって言いたい。
こんないい子を育ててくれてありがとうって。
私みたいおばあさんに会わせてくれてありがとうって。
おにいちゃんのお母さんは、とても寂しいと思うよ。
こんないい息子と離れ離れで。
おにいちゃんは、大切に育てられたんだなぁ
じゃないと、こんないい子にはならんよ。
おにいちゃんみたいないい子はこの世の中にはおらん。
私は、人生の終わりに、おにいちゃんみたいないい人に出会えて、
世界一の幸せ者だと思ってる。
感謝せんと罰があたる。
この写真、お母さんに送ってあげて、
こんなババアが、大切な息子
のお世話になって悪いなぁって伝えて欲しい」


太田さん、あなたは凄い。
あなたみたいな人こそいない。
あなたに出会えたボクこそが幸せ者。
だから、ありがとうはボクの方。

ありがとう。
ありがとう。
本当に感謝しています。

だからお願い、
ずっと元気でいて欲しいです。

神様、
お願いします。




投稿者: ナチュラル司法書士事務所

司法書士 小西隆弘のブログよくあるご質問相談事例
TEL:0120-228-677 面談予約