事務所ブログ

2011.01.23更新

つい先日のこと…。


あるご依頼者さんから電話がありました…。



「ご無沙汰しております…。


債務整理手続きを依頼している○○ですが、


すみません、ご連絡が遅くなりまして…。」




実は、この方、


債務整理手続きをご依頼頂いたのですが、


その後、しばらくの間、連絡が取れませんでした。



その間、数か月です。



お電話、メールにて、度々ご連絡するものの、


全く、ご返答頂けませんでした。



聞いてもらえているのか分からない、留守電へのメッセージ…。


届いているのか分からない、メール…。




以前にも、『優しさ、その先には…!?』


というタイトルでブログを書いたことがあるのですが、


ご依頼を受けて、そのお手伝いをさせて頂く立場としては、


ご依頼者さんご本人との意思の疎通がはかれない以上、


あらゆる手続きを進めることが出来ません。




ただ、一度、“受任”させて頂いた以上、


途中で投げ出すわけにもいきません。




でも、これは、


もう一方の関係者である業者にとっては、関係のない話しなのです。



「連絡が取れない?


だったら、“辞任”して下さい。


こちらで、直接、ご本人へ連絡しますので!!」



おっしゃる通り…。




何で、連絡が取れないんだろう?


何で、連絡してくれないんだろう?



いくら考えても答えは出ません。


いくら考えても連絡はありません。



そうなると…。


やはり、“辞任”することを考える他ありません。



『大変恐縮ではございますが、


このまま一切ご連絡を頂けないようであれば、


手続きの方は、“辞任”させて頂くことになります。


なお、その場合は、


各業者より、直接、ご連絡が入ることとなりますので、


何卒ご了承下さいますようお願い致します。』




そう、残念な最終手段です。


ただ、他に方法がありません…。





ご依頼者さんそれぞれ、


様々なご事情を抱えていらっしゃいます。



ボクでは対応出来ないこと、


あるかと思います。




ただ、


ご連絡さえ頂ければ、


ご相談さえ頂ければ、


何か、解決の糸口が見出せるかも知れません。




逃げていては、


逃げるだけでは、何の解決にもなりません。




どうぞ、向き合って下さい。


どうぞ、前向きに考えて下さい。



最初にご相談にいらっしゃった時の“あの気持ち”を、


どうぞ、思い出して下さい。




解決するために頑張るんです。


誰のためでもなく、ご自身のために…。




投稿者: ナチュラル司法書士事務所

司法書士 小西隆弘のブログよくあるご質問相談事例
TEL:0120-228-677 面談予約