2011.07.03更新

 

7月第1週の日曜日!!



そう、本日は、司法書士試験の日なんです。
 




朝9時30分から、夕方4時までの長丁場

 

全国で約3万人の方が受けているようです。

 



ということで、日頃、うちの事務所で頑張ってくれているスタッフくんも、

 

現在、試験真っ只中!!



今朝、朝一番に、

 

「今日は、燃え尽きて下さい!!(^O^)/」とメールをしたところ、

 

「既に燃え尽きている感じです…。」との返信が…。



ん?

 

それって、いい意味だよね??



 



なので、今日は、“試験”について書いてみたいと思います。



 

そもそも、ボクがこの司法書士の試験を受けようと思ったのは、

 

それまでやっていた、舞台役者の生活が思うように行かなかったから。



それだけです。

 



散々悩んだ末、

 

ボクは、その芝居に見切りをつけました。




これだけやって、

 

これだけ頑張ってるのに、食っていけない。

 

ってことは、これ以上、続けても仕方がない…。



食べていけない以上、当然の結果でした。




好きだけでは、生活出来ません。

 

頑張っているだけでは、誰も評価してくれません。



役者は、お客さんに評価してもらってナンボです。


自己満足では、ただの趣味です。



趣味なら、仕事をキチンとしたうえで、

 

空いた時間でやればいい。



ただ、ボクにとっての芝居は、趣味ではありませんでした。

 

だから、見切りをつけました。



当然の結論です。





当時、ボクは、牛乳配達のアルバイトをしていました。

 

後ろにボックスがついた原付バイクで牛乳の宅配をしていました。



月曜日から土曜日までの週6日、

 

朝の4時くらいから9時くらいまで。

 

なんだかんだで、5年くらい続けたのでしょうか…。

 

 

この牛乳配達のアルバイト、

 

そもそものきっかけは、

 

芝居の稽古時間を確保するためでした。



夕方近くから始まる芝居の稽古に支障のないバイトとして、

 

早朝の4~5時間という時間帯は、丁度良かったんです。



例え、夜まで稽古したとしても、

 

その後、芝居仲間と一緒に飲みに行けます。

 

次の朝さえ、起きれれば…ですが(笑)




あと、ボク、単純に、牛乳が好きなんです!!

 

美味しいんですよね~

 

ビンの牛乳って!!

 


ちなみにですが、その牛乳配達屋の所長さんは、

 

牛乳嫌いで、「絶対に飲めない!」って言ってました…。


なのに牛乳屋!?

 

かなり、不思議でした(笑)




でも、ボクがそのバイトを始めたのは、

 

ちょうど夏の前頃でして…。



その後、冬が来たんです…。



まさか、真冬の早朝をバイクで走るなんて、

 

想像すらしてなかったんです。



雨の日、最悪でした・・・。

 

台風、もっと最悪でした・・・。

 

雪の日、意味が分かりませんでした・・・。



あと、新聞配達のお兄ちゃんとケンカしたり…。

 

マンションの管理人さんとケンカしたり…。



でもでも、とっても、いい思い出です。

 

色々とお世話になったお客さん、たくさんいました。

 


辞めてからは、もう結構な月日が経ちますが、

 

中には、今でもお付き合いあるお客さんもいます。



 

 

だから、ボクの司法書士試験って

 

=牛乳配達なんです。




結局、芝居を辞めてから、

 

その後の受験勉強も、

 

牛乳配達のバイトを続けながら受けました。



早朝から仕事をして、その後の時間を勉強時間に充ててました。

 

これがまた、丁度良かったんです。



勉強を始めてからは、配達先を制限してもらい、

 

朝の8時くらいには、終われるようにしてもらいました。



いわゆる出来高制のお給料だったので、

 

(牛乳一本につき、いくら!って感じ)


お給料は激減しましたが、貧乏には慣れっこです(笑)



また、何より、そもそもが自業自得ですから、

 

文句も言えませんし、ありません…。

 

 

ただ、非常に助かったことがあります。

 

牛乳配達用のバイクを好き勝手使えたことです!!



ですので、受験勉強を始めてから、

 

勉強スペースに使っていた図書館とか予備校の自習室には、

 

配達後、その牛乳配達用のバイクで通ってました。



なんせ早起きです。

 

当然、一番乗りで、好きな席を確保できました(笑)

 

 

 

試験当日は、日曜日でしたので、牛乳配達はお休みでしたが、

 

受験地の早稲田大学までは、いつもの配達用のバイクで行きました。



 

筆記試験の合格発表も、

 

東京法務局(九段下)へは、

 

配達後、牛乳配達用のバイクで見に行きました。

 



二次試験(面接)も、

 

何故だか、平日の午前中にあったので、

 

配達を早めに終えて、これまた、牛乳配達用のバイクを借りて、

 

渋谷の試験会場まで行きました。



ただ、行ったら、ボクだけ私服でした。

 

だって、今さっきまで、仕事してたんだもん…(苦笑)

 

 

 

「5572」だったけなぁ~?



受験番号じゃなく、

 

ボク専用の牛乳配達用のバイクのナンバー。

 

ボクの愛車でした(笑)





その牛乳配達、

 

合格してからも、約1年続けました。




その後、牛乳配達を辞め、

 

ある司法書士事務所を勤めました。






先日、たまたま、高田馬場に行きました。

 

ボクが通っていた予備校がある場所です。



その時、ちょっと足をのばして予備校に寄ってみたんです。



そうしたら、受験生らしき人が模擬試験の結果について、

 

あれこれしゃべっていました。



懐かしい思いになり、色んなことを思い出しました。






まさに今、

 

約3万人の方々が、

 

色々な思いをもって試験を受けていることでしょう。




試験に合格したからといって、

 

バラ色の人生は待ってはいないと思います。




ただ、そんなことではなく…。








4時です。

 

時間が来ちゃいました。



スタッフくん、どうでした?

 

燃え尽きましたか??

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

司法書士 小西隆弘のブログよくあるご質問相談事例
TEL:0120-228-677 面談予約